フランケンウィニー ★★*☆☆

いかにも日本ではウケが悪そうなキャラクターデザインだけど、このタッチは欧米では受け入れられているのだろうか。

映画はこれまでのフランケン映画に対するオマージュも挟み込むなど小技を随所に忍ばせて楽しい作りだ。

ただ、ストーリー展開には残念ながら驚きはなく、そのほとんどが予想できてしまう。

でも、どちらかというと意図的に驚かさない演出でマイルドに作り上げられているように感じた。

これはやはり、ディズニー映画だから?

まあ、もしこれが実写だったら「ペット・セメタリー」よろしく驚愕のホラー映画の完成だが、モノクロの3Dアニメで子供にも楽しめる映画になった。

というか、子供向けの方向にに少々行き過ぎたと感じた。


関連記事
Category: 映画
前の記事 | ホーム | 次の記事

コメント

No title

はじめまして。
『映画にする?』にTBいただきありがとうございました。
ディズニー映画になるとバートン独特の毒が薄くなる気がしますね。
個人的にはラストに不満が残りました。
実は最近エキサイトブログにブログを開設しましたので、またお邪魔させてくださいね。
2012/12/26 (Wed) 07:56 | pupu55560 #79D/WHSg | URL | 編集

No title

はじめまして。
こちらこそ今後ともよろしくお願いします。
2012/12/27 (Thu) 00:34 | center_otu #79D/WHSg | URL | 編集

コメントの投稿

非公開コメント